スバルのハイブリッドカー

ハイブリッド

スバルのハイブリッド

2009年の東京モーターショーに、スバルはハイブリッド・ツアラー・コンセプトを出展し好評を得ました。スバルらしいハイブリッドカーを作るため、スバルでは日夜研究や議論が盛んに行われています。そんな日々の研鑽が導き出した答えのひとつが、このハイブリッド・ツアラー・コンセプトです。

優美な流線型で描き出されるゆったりと幅広のボディが特徴的で、「自由と信頼の翼」をイメージしたデザインになっています。外見で最も目を引くのが、前後1体になったガルウイングでしょう。

ハイブリッド・ツアラー・コンセプトはシンメトリカル4WDを採用しており、発進時と超低速時はリヤモーターだけを動力に動きます。さらに通常走行に移るとエンジンで駆動します。加速するときはリヤモーターがアシストするようになっています。強力な駆動が必要な登坂時などは発電機として活躍するフロントモーターもアシストに回ります。さらにエコカーにはおなじみのアイドリングストップ機能も装備されています。

スバルでは早ければ2011年にもハイブリッドカーを商品化し発売にこぎつけたい意向で、現在トヨタからハイブリッドシステムの供給を受けて急ピッチで開発が進められています。このたびのハイブリッド・ツアラー・コンセプトのお披露目は、そこに至るまでの重要な通過点といえるでしょう。美しいボディを持つ近未来型の自動車が私たちの手元に届く日が、今から待ち遠しいですね。

Recommend!

Pickup!

Ads by Sitemix